お葬式の身だしなみは、きちんとマナーを守る事

お葬式というのはある日突然訪れるものです。
急にお葬式に参加しなければいけなくなった場合、きちんとした服やカバンなどが自宅になければ困ります。
お葬式には私服や明るい服装で参加するのはマナー違反なので、必ず1着は持っているようにするのがいいでしょう。
お葬式には、黒い喪服が必要です。
男性の服は一見普通のスーツにも見えますが、仕事などで着用するスーツとは色や素材が全然違います。
喪服の場合は、色がくっきりと黒っぽいので仕事のスーツで参列する事は避けるようにして下さい。
女性の場合も、化粧や髪形などはなるべく控えて参列するようにしましょう。
結婚式などのイベントであれば、ノーメイクは少し場違いになるかもしれませんが、お葬式であればノーメイクくらいの方がいいです。
他にも、カバンなども極力黒いものを用意して、お経を唱える際は数珠を持っておけるように、カバンにいれておくのがベストです。
当然、カバンの中にはハンカチなども忘れずにいれておく事が大事です。