お通夜や葬儀の不祝儀袋のマナーを知ろう

通夜や葬儀告別式に用意する香典は、線香などの代わりに不祝儀袋に現金を入れて受付に渡します。
その時、不祝儀袋はむき出しでなくふくさに包みます。
ポーチのような形の簡易型のふくさもあるので、それを使えば受付でもたつくことなく便利です。
香典は四と九は避けてきりのいい金額を包みましょう。
表書きは宗教や地域によって違いがありますが、御霊前を選ぶのが一般的とされています。
お札は新券を避けますが、ない場合は折り目を付けて、人物画が裏になるように中袋に入れます。
表袋は裏面で下側を先に折り上側をあとから折って被せます。
不祝儀袋と祝儀袋では被せ方が逆になるので気を付けましょう。
名前は薄墨用の筆で中央に書きます。
もし夫の代理で会葬するなら夫の名前の左下に内と書き、上司の代理なら代と書きます。
複数で香典を包む時は三名まで連名で記入できますが、四人以上になったら代表者一名の名前の横に他何名と書き、会社など団体でまとめる場合は団体名に一同と加えます。
四十九日の法要までは御霊前の表書きですが、それを過ぎると御仏前になるので注意が必要です。